2011年度日本公益学会 大会プログラム

研究大会開催期日: 2011年10月1〜2日(土、日)
開催校: 山梨学院大学酒折キャンパス
主催: 日本公益学会
共催: ローカル・ガバナンス学会、山梨学院大学ローカル・ガバナンス研究センター
共通テーマ: 「ローカル・ガバナンスと公益」
大会実行委員長: 江藤俊昭(山梨学院大学法学部教授)
大会実行副委員長: 外川伸一(山梨学院大学法学部教授)

第1日

9:30 受付開始
9:50 開会挨拶(山本啓・日本公益学会会長)

10:00〜12:00 若手研究者セッション

第1セッション

小野英一(東北公益文科大学大学院博士後期課程)
   「自治体人事システムの実態分析−全国自治体アンケート調査をもとに−」
島田輝之(山梨県庁)
   「広域自治体における自治基本条例の可能性と課題」
土屋迅行(山梨県社会福祉協議会)
   「地方分権時代における監視機能の拡大−監査を中心に−」
岩崎保道(琉球大学法人本部事務局評価室)
   「学校法人と社会福祉法人の合併による効果」

司会・コメンテーター:菊池端夫(明治大学経営学部公共経営学科准教授)

第2セッション

澁谷朋樹(法政大学大学院政策科学研究科博士前期課程)
   「情報ネットワーク・システムの変容と主権国家のあり方−アラブ諸国の民主化運動の事例から−」
黒木美來(早稲田大学大学院政治学研究科博士前期課程)
   「クーデンホーフ・カレルギーの欧州統合構想−構想における民族問題の非政治化に関する一考察」
今井淳雄(宇都宮大学大学院国際学研究科博士後期課程)
   「近年の中国非営利組織研究の趨勢と課題−分類分析の立場から−」

司会・コメンテーター:松田憲忠(青山学院大学法学部准教授)

第3セッション

福嶋美佐子(法政大学大学院政策科学研究科博士後期課程)
   「多様化するマイノリティの社会的包摂と公益」
鈴木新之介(法政大学大学院政策科学研究科博士後期課程)
   「気候変動政策とインターネット:情報時代における新たなメディアの利用と課題」
中野伸子(横浜国立大学大学院環境情報学府博士後期課程)
   「戦略的資源としての地下水−秦野市における地下水管理政策の史的考察−」

司会・コメンテーター:秋吉貴雄(熊本大学大学院社会文化科学研究科准教授)

12:00〜13:00 昼食、理事会

13:00〜15:30 

シンポジウム1 「ローカル・ガバナンスと公益−震災復興に果たす地方政府と市民の役割」
島田敏男(NHK解説主幹)
   「大震災が促す“お任せ政治”の終わり」
今村都南雄(山梨学院大学法学部教授)
   「地方のイニシアティブによる再生への期待」

コーディネーター:山本啓(山梨学院大学法学部教授)

15:40〜17:40

分科会1 「コミュニティにおける職業、福祉、医療と公益」
塚崎裕子(厚生労働省職業家庭両立課長)
   「医療分野や福祉分野におけるワークライフバランスの実現に向けて」
高橋啓(金沢学院大学教授)
   「自治体病院に関する外部評価指標の検討」
今井久(山梨学院大学現代ビジネス学部教授)
   「地域医療・福祉の在り方−日本とデンマークとの比較−」

コーディネーター:外川伸一(山梨学院大学法学部教授)

分科会2 「コミュニティ・ガバナンスと公益−地域活性化のカウンターメジャーは何か」
中島智人(産能大学経営学部准教授)
   「コミュニティの利益と社会的企業−イギリスの事例から−」
白川恵子(パルシステム山梨理事長)
   「コミュニティの活性化をリードする地域生協の役割」(仮)
田中進(農業生産法人 (株)サラダボウル代表)
   「農業の新しいカタチを創る−サラダボウルの挑戦−」

コーディネーター:渋川智明(東北公益文科大学公益文科学部教授)

17:45〜18:10 総会
18:20〜20:00(開場18:00) 懇親会(挨拶:古屋忠彦・山梨学院大学理事長・学長、今村都南雄・山梨学院大学大学院研究科長)

第2日

10:00〜12:00

分科会3 「スポーツと公益」
下田正二郎(山梨学院大学スポーツセンター長)
   「カレッジスポーツと地域の公益」
佐久間悟(ヴァンフォーレ甲府GM)
   「プロスポーツクラブと地域の公益」
石倉章雄(山梨県体育協会スポーツ振興課課長)
   「スポーツ振興と地域の公益」

コーディネーター:長倉富貴(山梨学院大学経営情報学部専任講師)

分科会4 「地方議会改革と公益」
幸田雅治(地方職員共済組合理事・元総務省自治行政局行政課長)
   「住民のニーズを受け止める地方議員の役割」
西寺雅也(山梨学院大学法学部教授)
   「議会と首長のこれからの関係」
浅川武男(前昭和町議会議長)
   「議会と大学との連携による議会改革」

コーディネーター:江藤俊昭(山梨学院大学法学部教授)

12:00〜13:00 昼食

13:00〜15:30

シンポジウム2「リージョナリズムと公益」
佐島直子(専修大学経済学部教授)
   「JANZUS:実効的地域安全保障を目指して」
岡本三彦(東海大学政治経済学部教授)
   「地域デモクラシーと市民−地域における市民参加と「公益」をめぐって−」
中村虎彰(韓国ウーソン大学校ソルブリッジ国際大学准教授)
   「極東アジアにおけるリージョナリズム」

コーディネーター:白鳥浩(法政大学大学院政策科学研究科教授)

15:30 閉会挨拶(江藤俊昭・大会実行委員長)